設計部ブログ

今年のご挨拶

火曜日担当 設計部ミヤケです。

 

今年も残りわずかとなりました。

今年を振り返ると、色々とありました。

手帳が文字で真っ黒になっているので充実した一年だったと思います。

 

 

 

 

 

 

来年はフォレストヴィラホーム10周年

久留米店の新社屋完成

担当させていただいているお客様の工事着工、竣工、お引渡し

大型プロジェクトの着工などなど、、、

 

フォレストヴィラホームはこれからも前に進み続ける企業だと自信を持てます。

 

 

 

来年もセルコホームで一番を獲得できるよう、

設計部一同団結して来年を迎えます。

これからも何卒、よろしくお願いします。

miteneabbabea5-3075-4c64-93a6-b5f73627cb7c

お客様から学ばさせていただく

火曜日担当 設計部ミヤケです。

最近、やっちゃえニッッサンという事で、

車を購入しました。

 

 

自動車ローンを完済したら次はいよいよ家を建てたいと思っています。

 

さて、今回は最近学ばさせていただいた事についてアップします。

 

 

 

プラン打ち合わせでは図面や使い勝手を説明する事が私達、設計の仕事ですが、、、

大変申し訳ございません。

いつの間にか、それだけになっていたような気がします。

 

 

 

 

「ミヤケさん、これできないかな?」

kimg3117-12

 

 

「こんな倉庫が欲しいのだけど、どうかな?」

kimg3080

 

 

用意していただいた資料を拝見し、

海外の住宅は日本人の考えとは違う発想。その発想こそ輸入住宅の面白みだとハッと気付かさせていただきました。

 

 

是非、雑誌やインターネットで気に入った資料があれば、教えて下さい。

その想いをプロとしてご提案させていただきます。

 

 

 

 

 

追記

昨今は激辛料理の刺激で体力回復をしていましたが、

あまりにも辛さを欲する事から、味覚がおかしいのではないだろうか?と心配していただいたので、

 

 

おでんを作りました。

kimg2992

炊飯器調理は画期的です。

1日ぐらい保温する事で煮崩れ無しの調理ができます。

 

 

カレーも楽々です。

 

カエル

土曜日担当トミーです。

 

最近、北九州市にある遊園地が12月末で閉園という突然の知らせに驚きました。

楽しんだ思い出を忘れないようにしたいです。

 

 

さて、今回はカエルについてアップします。

 

よくテレビコマーシャル等で「キツツキ」や「ホワイトタイガー」や「ヒツジ」が会社キャラクターとして出てきますが、

セルコホームでは「クマ」がキャラクターです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

その名もセルコベアー

なかなか可愛いキャラクターです。

 

 

さて、カエルについてですが、

先日、設計部のミヤケがカエルのような筆箱を愛用しており、

なかなか可愛いなと思いました。

しかし、お客様の前に出すような筆箱ではないので、カエルように指導します。

 

・・何にカエルのか楽しみです。

得意分野について

設計部のミヤケです。

 

 

最近は予想以上のラストスパートです。

img493691bbzikczj

仕事が溜まり過ぎた時は紙に書き出して整理をしますが、

出来るか出来ないか常にチャレンジです。

出来ないという弱音を発しないようにします。

 

 

さて、今回は得意分野についてアップします。

 

かなり前、ブログをこちらに引っ越す前にも紹介しましたが、

自分の得意分野は図面を立体化する事です。

kimg3107

平面図から基礎の形を専用ソフトで作成し、

kimg3108

壁と屋根を作成して外形を完成させます。

%e5%a4%96%e8%a6%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9

最後に様々な仕上げをしてパースを完成させます。

 

 

 

この作業を得意分野にしようと思ったキッカケは単に与えられた仕事で図面を作成する作業員ではなく、

得意分野を持った設計者になりたいという気持ちでした。

 

 

毎日が新鮮な当社では、得意分野を大切にしていただけます。

 

これからも得意分野をもっと増やして作業員ではなく、

設計者となれるように頑張ります。

 

 

 

追記

先日、上棟式に招待いただき、施主様ご夫婦と話す事がありました。

設計として名前を呼んでいただき、お手伝いさせていただける事が心から嬉しく思い、

もっともっと成長したいと思いました。

S様、有難うございます。