設計部ブログ

地盤について

火曜日担当ミヤケです。

 

 

 

早速ですが、

先日、息子に生まれて初めてのカレーを作ってあげました。

KIMG3826

意外と本格的な味で驚きです。

ただ、盛り付けをに任せてしまった事が後悔です。

個人的にカレーはルーとライスのセパレート派なんです。

これでは、カレー丼です。

後悔先に立たず。

 

 

 

さて、今回は地盤についてアップします。

 

 

 

「さて家を建てよう!」

の前に必ず実施する事、それは、地盤調査です。

 

久留米事務所に分かりやすい資料がありましたのでご紹介します。

KIMG3840

上記写真は地盤の表層部分が軟弱な土地にそのまま家を建てた場合の例です。

建物が斜めになっています。これが不同沈下です。

こうなると、家をジャッキで持ち上げて作業を行う大掛かりな工事が必要となります。

 

 

 

KIMG3841

こちらは、軟弱地盤2m以内の表層を固化材を混ぜて改良工事を行った場合を示しています。

表層部分を改良する事から、表層改良工事と呼んでいます。

 

 

KIMG3842

こちらは、耐力のある良好な地盤まで杭を打ち、建物が建っても沈下しないように改良した例です。

柱を造る事から、柱状改良工事と呼んでいます。

 

 

 

このように、家を建物を建てる前に地盤調査は必ず行います。

しかし、地盤の改良が発生しても悲観はされないで下さい。

その場所に建物を建てる魅力は計り知れない財産です。

そこに住まう事は人生の大きな決断です。

その決断をされる事は素晴らしいと思います。

 

就職も結婚もそうでしたが、決断の連続ですね。人生。

 

 

 

 

追記

KIMG3839

5月13日(土)、14日(日)はカナダ輸入住宅全国一斉見学会を行います

カナダ建国150周年の今年の見学会は豪華記念グッズを準備してお待ちしております!

お問い合わせは092-406-1112(本社)もしくは0942-39-118(久留米事務所)です。

 

 

 

 

 

 

追記2

やはり、カレーライスはセパレートですよね!

KIMG3817

大人のカレー最高!

 

 

 

 

よかとこ久留米事務所

火曜日担当ミヤケです。

久留米事務所に転勤して一ヶ月が経ちました。

そろそろ久留米スタッフの一員になれたでしょうか。

 

 

 

さて、本日は久留米でご見学いただけるモデルハウスのご案内です。

SONY DSC

久留米事務所より車で約5分程度の位置に堂々としたモデルハウス、

櫛原モデルハウスがございます。

 

 

レンガと塗壁と石材。

その三矢の如しバランスを整える装飾。

このバランス、輸入住宅の設計経験がないと難しい事なんです。

SONY DSC

SONY DSC

迎賓館のようなインテリア。

 

 

大野城イオン前にある春日原モデルハウスがエレガントならば、櫛原モデルハウスもエレガント

同じ言葉でもこの違い、是非両者のエレガントを体感していただきたいです。

 

 

また、デザインのみなならず、

北海道の厳しい省エネ基準を2×6Body標準仕様で達成する高い性能もご体感下さい。

 

久留米事務所のお問い合わせ先は0942-39-1118です。

 

 

 

 

 

 

追記

久留米事務所に転勤して一ヶ月になる頃、

久留米事務所より徒歩5分程にあるCoCo壱番屋に伺いました。

KIMG3737

もちろん、最大辛さ10辛の先にある境地を求めたスパイス追加スタイル。

 

 

本社近くのCoCo壱番屋がストレートからのボディーブローのような刺激に対し、

久留米事務所近くはワンツーのリズムからのボディーブローのような刺激。

 

 

店舗によって辛さが若干が違うのも魅力です。

久留米で激辛料理を看板メニューとしている飲食店があれば是非教えてください。

 

 

タイで食した現地の方も驚きのあの辛さを求めます。

あれはアッパーカットからのボディーブローという異次元コンビネーションでした。

木曜日担当のHです。

いつもお世話になります。

さて、今回は会社であったテストをご紹介します!!!

つい先日、社員大工の技術テストがありました。

全員共通の課題に沿って、丁寧さ、速さ、の部分をテストされています。

先輩大工と後輩大工で進むスピード、丁寧さが違い、

お互いによい刺激となり、高いレベルを目指していけるのではないでしょうか!!

テスト会場を覗くと、いつもにこやかな社員大工としてではなく、

「職人」

として真剣な表情が垣間見えたので、よかったなと思います。

最近建築業界で職人さん不足の話が上がってきておりますので、

今は棟梁に色々なことを教えてもらいながら、

自社で営業設計施工管理

していけるように、各部署切磋琢磨していきたいともいます!!

 

 

 

限界までチャレンジ

火曜日担当ミヤケです。

 

 

 

さて、本日は自慢です。

個人的に限界までチャレンジ致しましたので報告します。

画像

海外(アメリカ)の彫刻家と連絡を取り合い、

目当てにしていたドアノブの取り寄せに成功しました。

 

イタリア語も分からない状態で行った無謀な新婚旅行を思い出しましたが、

なんとかなりました。

 

 

到着は4月末予定。

取付が完了しましたら、また自慢でアップさせていただきます。

 

 

 

 

追記

現在、春日原南町4丁目で建築をしています。

1号地外観パース

1号地は洋瓦が魅力的な外観。

セルコホームだからできる無駄の無い間取り、

当社だからできる計算された外観、

必見です。

3号地外観パース

3号地の外観は清冽した凹凸の陰影が美しく、

プランでは使い勝手の良いリビングダイニングが魅力。

 

 

また、1、3号地に共通する事として、

「階段がストーリーのあるインテリアになっている。」

これは、他には出来ない、輸入住宅の魅力です。

 

現在、自慢の構造をご見学できます。

是非お問い合わせ下さい。

 

 

 

追記2

先日の休日、二日市温泉に行きたかった気持ちを消して、

予定通り花見に行かせていただきました。

mitene6FAEF039-E4F1-4F4F-B76B-E1E94491B96A

この前まで赤ちゃんだった息子がパンを丸かじりできるようになっていて驚きました。

嗚呼、早く二日市温泉に連れて行きたい。