設計部ブログ

防火と耐火の違い

いつもお世話になります。

ブログさぼり気味の木曜便担当Hです。

 

 

今回は【防火構造】と【耐火構造】の違いについて書きたいと思います。

どちらの文字も雰囲気からして火に対して強いことは明らかですが、「どちらも同じ意味じゃないのか!?」 と思う人が

ほとんどだと思います。

実はちょっとした違いがあります。

 

防火構造

万が一、自分の家の周囲で火災が起こった際に自分の家への延焼を防ぐ構造のこと。

耐火構造

万が一、自分の家で火災が起こった時に周りの建物への延焼を防ぐ構造のこと。

 

似てるようで意味合いが違いますね!!

 

ちなみに戸建住宅には防火構造、耐火構造にする義務はほとんどありません。

 

ある一定規模、条件にあてはまる店舗、施設等になると法律で義務化されます!!

 

防火構造、耐火構造にすると防火用のサッシにしたり、構造躯体の仕上げ材に防火用を使ったりしなければならないので、

とてもお金がかかります(--〆)

大きい建物、特殊な建物になるほど、別のコストも上がっていくようです(--〆)

 

 

先日焼き鳥を食べに行って大きい焼き鳥にビックリしました。\(◎o◎)/!

IMG_5239

 

 

是非また食べに行きたいです。(^O^)/

 

ではまた来週(^^ゞ