久留米店ブログ

祈りの日

ゆりあげ

私たち株式会社フォレストヴィラホームの加盟するセルコホームの本部は宮城県仙台市にあります。

7年前の悲しい出来事以降、地元の復興のために尽力されてきました。

写真は「ゆりあげ港 メイプル館」

復興デザインで 2017年のGOOD DESIGN賞を受賞されたそうです。

東北だけではありません!

建物の復興にもデザインの力は大切です。

ココロ和ませる、丈夫な建物を建ててまいります。

地鎮祭☆

こんにちは!

いつも弊社ブログを御覧頂いて有難うございます!

セルコホーム久留米のT.Hです☆

 

最近、暑かったり寒かったりと体調を崩しやすい日が続いておりますが、

皆様如何お過ごしでしょうか?

花粉症も去年より酷いみたいで周りできつそうにしている方を

よく見かけます(汗)

 

ただ、今から過ごしやすい気温になりますし、

春のイベントが盛り沢山ですので楽しみでいます♪♪

私も何かお出掛けの計画を立てていこうと思います!

 

そんな過ごしやすい時期に八女市内で地鎮祭を行ってきました!

天気にも恵まれ、非常に良かったです☆

 

IMG_0581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0580

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0586

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0590

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I様、お疲れ様でした!

そして、おめでとうございます!

I様にとっても良い思い出になったと思います♪♪

 

5月中旬には上棟式と餅撒きを行う予定にしておりますので、

皆様も楽しみにお待ち下さい☆

床に断熱材を詰める現場写真の紹介です!

はじめまして!

みなさんこんにちは

先月1月に久留米営業所に入社した岡と申します

 

最近は寒さが本格化してきていますね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか

私も久留米事務所に居る間は暖かく快適なのですが、一歩外に出ると真冬を感じて、改めてセルコホームの温かさを毎日実感しています

 

さて、私事ですが、先月は研修の一環としてたくさんの現場をまわってきました

そこで今回はそのときに撮影した、T様邸の床ができあがる過程をみなさんと共有したいとおもいます

 

 

DSC_0316

こちらは床に断熱材が敷き詰められた風景です

2×10の根太と根太の間にグラスウールが敷き詰められた景色は圧巻の一言でした!ところ狭しとびっしりグラスウールが敷き詰められていて、断熱性能の高さの秘密を改めて学べました!

 

DSC_0330

こちらが2×10の木材です!

長さがよりわかりやすいように車の鍵と名刺入れを並べてみましたが、23,5センチは長い!改めて2×10の長さに驚かされました!

 

 

 

DSC_0324

こちらが床の2x10ランバー材と断熱材の蓋になる構造用合板の写真です!

基礎の上に並べられた2x10のランバー材を固定させるための構造用合板!この構造用合板でランバー材をがっちり固定させることが2x4工法の強度を保つ秘訣だそうです

木目が縦横交互になるように板を重ねて強度を上げているそうです!実際に触ってみるとすごく硬くて頼もしかったです!

 

現場見学を通して、こうして家が出来上がっていくという感動とを味わうとともに、セルコホームの家が暖かさを保つために、床だけでもこれだけの多くの工夫とこだわりが詰まっていることを改めて学びました!

暖かい快適な生活の裏にはこれだけ多くの工夫と知恵が詰まっているんですね!

 

ちなみにこの写真のT様邸にて、

 

今月の24日(土)、25日(日)に構造見学会

 

をさせていただくことになりました!

 

壁の構造の中身を御覧になられる良い機会ですのでみなさま是非参加してください!

 

 

またおもしろい写真がとれたらみなさんと共有したいと思います。

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

全面広告掲載しました!

IMG_0816

本日、1月21日の読売新聞筑後版に、全面広告を掲載いたしました!

新聞一面って、大きいですね。インパクトあります!

そして、WEBでもお目にとまっているかと思いますが、「セルコホーム創立60周年限定商品」

こちらの価格も、驚きです!

期間限定となっております。

詳しくはこちらをクリック!  →   https://selcohome.jp/60th/

各モデルハウスでも、詳しくご説明をさせていただきます。

ご来場、お待ちいたしております。