久留米店ブログ

無垢のリビングドア

皆様こんにちは、セルコホーム久留米のHです(^^)

9月に入り、多少過ごしやすくなってきましたね。。。

台風が縦横無尽に動き回ってますが、車の運転には気を付けてください。

早速ではございますが、リビングにオシャレな無垢のドアはいかかでしょうか?

海外のドアはインテリアの一部としてオシャレなドアが多数あります。

20160905164110_01

↑ ↑ ↑ 存在感のあるパネルドア

20160905164334_01

↑ ↑ ↑ オシャレなフレンチドア

20160905164129_01

↑ ↑ ↑ 遊び心のあるチョークボード付のドアまであります。

ガラス部分のデザインもインテリアに合わせていろいろな種類があります。

20160905164301_01

20160905164234_01

少しお値段は上がりますが、一か所つけるだけで雰囲気が一気にオシャレになります。

DSC03893

家具とのコーディネートが大事になりますが、

ぜひ、ご検討いただきたいドアですね(^^)

LIXILショールーム☆

こんにちは!

いつも弊社ブログを御覧頂きまして、有り難うございます。

セルコホーム久留米のT.Hです☆

 

 

私事ですが、夏風邪がなかなか治らず、

苦労してます(ーー;)

毎日の暑さで体力を奪われているのも原因みたいですが、、、

 

そういえば、久留米市も猛暑の町として

全国的に有名になりましたね。

毎日の天気のニュースで当たり前のように載ってますよね(笑)

以前までは「福岡県久留米市」と載っていたのに

今では「久留米市」だけですもんね(笑)

私は地元も久留米ですので、この暑さには慣れましたけど

周りからしたら凄いことなんですよね(^_^;)

 

話は変わりますが、先日、お客様と

LIXILのショールームに行って来ました!!

 

IMG_0962

 

セルコホームの標準仕様のお風呂やトイレは

グレードの高いものを標準としてますので

実際にご覧になってお客様から喜んで頂きます☆

お客様も完成が待ち遠しいみたいですが、

3月完成予定ですのでもうしばらくお待ちください(*^_^*)

 

 

おすすめ☆

こんにちは!

いつも弊社ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

セルコホーム久留米のT・Hです。

 

 

お客様とお付き合いしていますと色々なことに興味をもってしまいます☆

ちなみに今興味をもっているのがコチラですっっ!!

 

yjimage

 

これはファイヤーキングのマグカップです☆

ファイヤーキングとは、アメリカのアンカーホッキング社の耐熱ガラスブランドで、

1941年に誕生しました。

厚手でぼったりとした丸みのある形、

やわらかな独特の色合い、

数々の楽しいプリント等、

豊かなアメリカを支えたファイヤーキングは素晴らしき

アメリカン・ビンテージなのです!!

 

 

最初の出会いはお客様のご自宅でファイヤーキングのコーヒーカップで

コーヒーを淹れていただいたのがきっかけでした。

そのコーヒーカップはジェダイと呼ばれる(1枚目の写真の色)ものでしたが、

コーヒーが透けて良い雰囲気を醸し出しており、

ガラスの質感と口触りがまたコーヒーの味を引き立てて

とにかく初めての体験で驚いたのを覚えています。

 

 

ほかにもファイヤーキングには、数々の楽しいプリント、

 

yjimage1

 

豊富な種類でコレクションする楽しさ、

 

yjimage2

 

現在では製造されていない一期一会の魅力など、

良いところはたくさんありますし、

何より気取らずに日常で使えるヴィンテージ食器です☆

 

yjimage4

 

食器をこだわるのも輸入住宅の楽しさの一つですね♪

皆様もぜひ使用してみて下さい。

道路愛護

夏の夜空に広がる花火。今年はいくつご覧になりましたか?

金曜日は久留米筑後川、土曜日は小郡、日曜日は唐津や北九州。

毎晩、どこかで賑わっていますね。

セルコホーム久留米・佐賀のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

お祭りやイベントごとの翌朝に、ボランティアの方々が街のゴミ拾いや整備に取り組んでいる

という活動が、何年か前にCMになっていて、心に残っています。

そんなに大々的に取り上げられていなくても、街を大切にするという地域活動は、日本の各地で

ずっと続けられてきたものですよね。

「道路愛護」という言葉をご存じでしょうか?

ワタシは久留米(田主丸)に暮らすようになって初めて聞きました。

「来週の日曜の朝は”どーろあいご”だからね。」と言われ、???

その日曜の朝には、軍手と火バサミとゴミ袋を手にした小学生からお年寄りまでが、

川土手や道路、空き地のゴミを拾ってまわり、近所の天満宮に回収し、片付けて、

「皆さん、お疲れ様~」とお茶を飲む。そんな時間を経験しました。

田舎の町だから、そういう習慣が根付いているのでしょうか?

 

北米の住宅街では、道路に面したフロントヤードには、芝を張り、通行する人が目にする庭が、

いつもきれいに手入れがされています。

町ぐるみでキレイに整えておくことが、自分たちの土地・建物の資産価値につながるからだと

聞きました。

「道路愛護」も、「イベント翌日のゴミ拾い」も、同じですよね。

「資産価値」なんて言うと大げさですが、自分たちが暮らす地域・場所は、美しく、気持ちの

良いところであって欲しいです。

DSC_7799

久留米市東合川のカナディアンヴィレッジ。

ご注文用地が残り1区画となりました。

こんな素敵な街並みに暮らす一員になることを、お考えになってみませんか?

 

お問合せをお待ちいたしております。