博多店・東福岡店ブログ

15年前のカナダの写真

こんにちは。セルコホーム博多、東福岡、久留米、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

パソコンの中の写真フォルダを整理していましたら、15年前の2003年4月10日にカナダ研修に行った時の写真をひさしぶりに見ました。

今では少なくなっていますが、写真に撮影日が記載されています。15年前はデジカメが普及し始めの頃で、128MBのメモリーステックが12000円もしたのを、3枚購入して持って行った記憶があります。現在は8GBが500円で販売されていますので、(当時だったら単純計算で、128MBの39倍の容量、12000円✖39=468000円となります。)技術の進歩はすごいですね。

DSC06503

日本の住宅と何が違うかというと屋根ですね。

DSC06506

切妻屋根が沢山あります。

DSC06510

日本の屋根はシンプル。以前は寄棟屋根が基本でしたが、いま日本で多いのは片流れ屋根で手間もかからずシンプルですので、コストも安くできます。

DSC06512

でも、江戸時代のお城や、入母屋の屋根は、カナダの住宅に負けないくらい複雑な屋根の形状をしています。

DSC06513

カナダの住まいもすべてが上記の写真の様な家ばかりではありません。バンクーバーの都心の近くの1戸建てでは、モダン建築も増えてきているみたいです。でも、昔ながらのカナダの家のデザインは飽きが来ないですね。

DSC06529

バスの中からの撮影ですので、斜めなのはご容赦ください。すべての家に前庭があり、きれいに整備されていますね。きれいにしないと地区協定で罰金となるそうです。だからすべてに家はきれいなのですね。

DSC06556

この団地はゴルフ場を囲んで建築されています。

DSC06557

この写真は2階のバルコニーから撮影しましたが、こんなロケーションの2階のバルコニーは贅沢ですね。バンクーバーの郊外に位置している団地モーガンクリーク。ここに住みたいと心から思っています。でも、いくらぐらいするのでしょうか?結構金額が高いと聞いていますので、夢のまた夢ですね。