博多店・東福岡店ブログ

思い出のある家

こんにちは。セルコホーム博多、東福岡、久留米、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

先日テレビで解体業者さんの特集が放送されていました。プロの解体業者さんはどんな難条件でも、建物を解体されていましたが、その裏で、住み慣れた愛着がある建物を解体するのを、涙ながらに見守る依頼主様がいらっしゃいました。

fktckykt

その家で生まれ育って、大きくなったお子様。泣いて、笑った思いでの住まい。その住まいが解体される時に涙ながらに見守る気持ちは私はよくわかります。

私もセルコホームで建築して13年目ですが、その間、家族が泣いて笑った思い出が沢山ありますので、自分の家が数十年後に解体される時が来たら、感傷に浸るでしょう。

asdagafa

以前にもご紹介致しましたが、解体前のお住まいを確認に行ったときに、ご家族皆様で、解体される建物の壁に、『ありがとう、さようなら』とご家族皆さまのお気持ちを壁一面に書かれたお客様がいらっしゃいました。

lylvlyuyy

愛着がある、家族の思い出のある建物がなくなるのは、つらいものです。その気持ちを受け止めて私たちは素敵なセルコホームを建築させて頂いていることを改めてテレビを見ながら再認識しました。

家造りって大変ですが、お客様の思いを受け止めて今後も素晴らしいお住まい造りのお手伝いをさせて頂きます。

今後共、よろしくお願い致します。