博多店・東福岡店ブログ

変な税金

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

急に朝晩が涼しくなってきましたね。弊社の社員は風邪や、体調不良の者が増えてきましたが、私もとうとう体調不良になってしまいました。気力で乗り切ろうと思っております。

先日ラジオを聴いていると、日本以外の国には色々な税金があると言っていました。

bata

デンマークでは”バター税”なるものがあり、

po

ハンガリーでは肥満防止を狙った”ポテトチップス税”があったり、

zyuutai

イギリスのロンドンでは、”渋滞税”があるそうです。

imu

日本の江戸時代には、五代目将軍徳川綱吉が発した「生類哀れみの令」によって増えた野良犬を保護するための費用として町人などから徴収していた”犬税”があり、近年でも昭和30年から昭和57年の間まで、適切な飼育を促し、処分費用などにあてることを目的として、犬の飼い主に対して”犬税”がかけられていたそうです。

do

ブルガリアでは、人口減少に歯止めを掛けるため、20歳以上の独身者に收入の3~5%を納めさせた”独身税”なるものがあったそうです。1968年~1989年の21年間だったそうですが、結局のところ同税による効果はほとんどなかったそうです。変な税金ですね。

22-900x600

我々が販売させて頂いている住まい。家を建築するときにも色々な税金がかかります。

消費税、登録免許税、固定資産税、都市計画税、不動産取得税、印紙税、相続税、贈与税、譲渡所得税などなど。税金のおかげで国、県、市が成り立っていると思うと必要ですね。

hi

ただ、なんでもかんでも税金をかければいいものでは無く、採用されなかったそうですが、アメリカで”肥満税”、ニュージーランドで”家畜ゲップ税”、18世紀のフランスでは”空気税”が検討されたそうです。

空気税なんて全員が利用するものなので、徴収する意味が分かりません。変な税金は沢山あるものですね。