博多店ブログ

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥でございます。いつもお世話になっております。

先日、お客様のご自宅で打ち合わせを行っていましたら、テレビでサザエさんが放映されていました。日曜日のこの時間は自宅にいる事はほとんどありませんので、サザエさんを見るのは久しぶりでした。

asgdhkuyl

久しぶりに少し見ましたが、サザエさんは変わっていませんね。数十年前の設定を変えていませんので、いまだに電話は黒電話みたいですので、いつになったら、サザエさんは携帯を持つのでしょうか?ずっと昔の設定のままなのでしょうね。サザエさんの家族構成で年齢はいくつの設定なのだろうと調べると驚愕の事実が判明しました。

波平      (54歳)
舟       (52歳)
カツオ     (11歳)
ワカメ      (9歳)
フグ田マスオ  (28歳)
サザエ     (24歳)
タラオ      (3歳)

ewethwr

波平さんは54歳だったのですね。60歳以上かと思っていました。また、ワカメちゃんは波平さんと舟さんの間の子で二女なので、舟さんが現在52歳であれば、ワカメちゃんは9歳なので、舟さんが43歳の時の子供になりますね。船さん高齢出産だったんですね。頑張りましたね。ちなみにアナゴさんは27歳の設定です。老けすぎていますね。

インターネット調べですので、違うかもしれませんが、波平さんとアナゴさんは京都大学出身、フネさんは日本女子大学、マスオさんは早稲田大学、ノリスケは東京大学法学部で、ちなみに三河屋のサブちゃんは、一橋大学からサントリーから三河屋となっていました。設定ではみなさんエリートです。

isonoke

住所は世田谷区新町で、構造は木造平屋建ての延床面積約32坪の2世帯住宅でした。現在の新築では6人家族で32坪は、ほとんどご提案しない広さで、32坪は3人から4人家族の広さです。昔の家の事情が垣間見れます。

aergqerh

鳥瞰図もありました。昔ながらの間取りですね。これはこれで懐かしい。私が子供の頃は似たような間取りの借家に住んでいました。

7045275_フォレストヴィラホーム_フォレストハ

いつかサザエさんの家が建て替える時が来た場合、いっそのこと、セルコホームの輸入住宅で建築しませんか?輸入住宅はサザエさん似合うと思います。

 

山の日

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥でございます。いつもお世話になっております。

皆様、夏乗り切っていますか?私は、先日何を食べたのか、食あたりにあいまして、39度の熱が出ました。点滴と、抗生物質と、胃腸薬でなんとか乗り切っております。皆様お気を付け下さい。

さて、本日は山の日ですね。昨年からみたいですが、昨年もあったのですね。完全に忘れておりました。海の日があれば山の日があるのは自然な流れですが、いずれ、川の日、田んぼの日、畑の日、道の日、湖の日、森の日などが出来るのでしょうか?そうなれば日本は祝日だらけになりますが・・・

ですので、山の日にちなんで、山つながりで地盤の件をお話ししたいと思います。(無理やりですが・・・)

住宅を着工する前に必ず行うのが、地盤調査。地盤が弱いと家が傾いてしまいます。会社におもしろい地盤のサンプルがありましたのでご紹介いたします。

IMG_9224

上記の写真の家がある部分みたいに、良好な地盤の上であれば、地盤補強は必要ありませんが、

IMG_9226

地下数メートル下にしか、良好な地盤がない場合は、上記の写真の様に軟弱地盤の部分を表層改良を行い、建物が沈み込まないようにします。

IMG_9227

上記の写真の様に、もっと下まで行かないと良好な地盤が無い場合は、柱状改良または、鋼管杭工法等の補強を行わないといけません。

IMG_9229

もし、上記の写真の様に、地盤補強をしなければ、不同沈下が発生してビー玉がコロコロと転がる家になってしまいます。

上記の写真みたいに傾いてしまったら、立っていられないでしょうね。

地盤調査はとても重要なのです。敷地内でも地盤の強さは変わりますので、とりあえず1点だけ調査しても何も意味はありません。長年お住まいになりますので、しっかりとした基礎が必要です。

以上、山の日関連で地盤のお話でした。(ほとんど関係ありませんでした。)

 

綺麗な街並み

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥でございます。いつもお世話になっております。

毎日暑い日が続いておりますが、夏バテしておりませんか?皆様夏に負けず頑張りましょう!!

福岡市南区に、弊社が手掛けた24区画のカナダの街並み、フォレストパーク大橋南があります。全棟完成して、おかげさまで残りは数棟となっております。

fp (45)

良い街並みですね。綺麗な街並みに住むのは毎日が楽しいでしょうね。世界には美しい街並みがたくさんあります。私はカナダの街並みも好きですが、ヨーロッパの街並みも好きです。

ヨーロッパといっても国々でまったく違うイメージですが、その中でも以前ご紹介したことのあるイタリアの街並みを再度ご紹介します。暑い夏の日差しがぴったりの街並みです。
イタリアのベネチアの近くにある、ブルーノ島です。

chizu2

場所はイタリアの北東部に位置します。

マップ

有名なベネチアの近くでベネチアの街並みも大好きなのですが、ベネチアの近くのブルーノ島です。

12834256694_cee93d2311_z

見てください。青空にピッタリのカラフルな街並み。

tabimatsum-538829c2b9f4a

わくわくする色使いですね。

sDSC09089

日本の街並みと大きく違うのは、家と家の間がほとんど空いていないところでしょうか。

日本では、建築基準法や防火の問題、民法などでいろいろ規制されていますので、ピッタリ隣とつけての建築は難しいのです。ですので、ヨーロッパみたいな街並みは出来ないのでしょうね。

burano-75

日本ではこんなにカラフルな色は、なかなか選択されないですが、イタリア人はお国柄明るいのが大好きなのでしょう。

6d1c416ef38110e96fc329c8e68bcf83

可愛い外観ですね。

59fcc4f0

理髪店でしょうか?お菓子の家みたいです。

609e1280

花もピッタリです。

新婚旅行でイタリアに行ったのですが、イタリアはまた行きたい国です。もちろんブルーノ島にも行ってみたいですね。

 

 

カレーを頼んで麻婆豆腐

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

皆さま、連日の猛暑いかがお過ごしでしょうか?私の携帯には防災情報が送られて来るようにしていますが、11時頃になると、福岡県熱中症 原則運動禁止とのメールが毎日来ます。

tai

弊社の工事部の社員大工は、この暑い中、現場で頑張っています。頭が下がる思いです。お客様が夢のマイホームの完成を心待ちにしてますので、頑張ってよい家を建築していきます。

さて、先日、携帯の記事で認知症の人たちが働く『注文をまちがえる料理店』がプレオープンしたとの記事がありました。認知症のおばあちゃん達が働いていて、見事に注文を間違えてくれるそうです。

o

従業員は皆認知症。頼んだものが来なくたっていいじゃないか。と思える寛容な社会へ。とのことです。

私が子供の頃の昔は、社会全体は寛容だったような気がします。この頃、ネットが普及して、様々な意見がすぐに飛び交うようになり、情報が多すぎますので、寛容な社会ではなくなったのではないかと思います。

ma

注文を間違る料理店がどこの都市にプレオープンしたかは覚えていませんが、私も行ってみたいですね。カレーを注文して、麻婆豆腐が出てきて、おばあちゃんが、

『あらー辛いもんと思うとったけん、麻婆豆腐と間違えてしもうた』とか、(イメージは昔ながらの博多弁ですが。)

so

ラーメンを注文して、そばが出てきたりして

『おんなじ麺だから、お腹に入ったら同じタイ』とか言われたり、

chi

チャーハンをたのんで、焼き飯が出てきて、

『はい、焼き飯。おまちどうさま。』・・・ん。言い方は違うけど間違っていないか・・・と逆に突っ込んでみたり。

おばあちゃんとのやわらかな、やり取りができたりして、しょうがないなと許せる寛容な社会ができればいいですね。