博多店・東福岡店ブログ

影で安心

こんにちは。セルコホーム博多、東福岡、久留米、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

chinn
 

ニュースで一人暮らしの女性の部屋のカーテンに、男性の影をプロジェクターで投影して、犯罪を抑止する賃貸住宅があると聞きました。

 

実際の映像を見ましたが、男性がシャドーボクシングをしたり、

sya

筋トレをしたり、

ki
 

ギターを弾いていたりと、影が映ってその部屋には男性がいるように見えますので、不審者が侵入しにくくなります。

gi

1戸建てもそうですが、防犯の面は女性一人暮らしでも、ご家族で暮らしていても、とても大切です。

セルコホーム博多、東福岡、久留米のインターホンは標準で、録画機能付きで、不審者が不在かどうかインターホンを鳴らしても、録画されるので、顔がわかるようになっていますし、インターホンによっては毎回、『顔が写りませんので、もう一度正面に立ってください。』とアナウンスを言うインターホンもあります。

インターフォン越しにお話し下さい

私の家は、門扉を通過したら、照明が昼でも点灯して、赤色灯が点灯するようにして、不審者が侵入しても、躊躇するように工夫していますし、妻の実家に泊まりに行くときは、書斎の照明を点灯したままにして、15分単位で設定できるタイマーに照明を接続して、誰かがいるように点灯、消灯を繰り返す様にして防犯には気を使っています。
bou

不審者が入りにくい家造りも大切ですね。