博多店・東福岡店ブログ -2018年03月の記事一覧

いろいろなクロス

こんにちは。セルコホーム博多、東福岡、久留米、株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

ご契約頂きましたお客様の打ち合わせで一番楽しい時間が、壁紙、クロスの打ち合わせだと思います。

私も13年前に新築した時にクロスの打ち合わせを致しましたが、妻が一番楽しそうにしていた思い出があります。とは言っても、私は自分の書斎の壁紙しか決めさせてもらえず、リビングや、主寝室のクロスは完成した後にどんなクロスにしたか知ったぐらいです。(普通はご夫婦で壁紙を決めます。私の場合は、自分の家の打ち合わせ時に他のお客様の打ち合わせを行っていて、妻と、インテリアコーディネーターにお任せだったからですが・・・)

いろいろな壁紙がありますね。

IMG_1781

これはペット対応クロス。私のお客様でねこちゃんを4匹飼っていらしゃるお客様も採用されました。10年近く経過していますが、このクロスは破けていません。他のクロスは破けていますので、間違いなく強いです。

IMG_1786

これは、室内の湿気をコントロールするクロスです。すごいクロスですね。

IMG_1785

これはマイナスイオンが発生するクロス。室内にいても森林浴をしている気持ちでしょうね。

IMG_1784

こうれはアレルゲンの働きを抑制するクロス。すごい機能です。

IMG_1783

これは消臭クロス。煙草を吸われる方はお勧めです。

IMG_1787

蓄光クロス。何度かお子様の部屋に採用されました。これはお勧めです。とてもきれいで夜幻想的な部屋になります。

IMG_1788

私が個人的に好きなクロスが、本棚クロス。壁全体にこのクロスを貼ると、学者になった気になりそうです。

その他にも、レンガのクロスや、雲のクロスがありますが、とても楽しい部屋になりそうですね。

沢山の神様に守られて

こんにちは。セルコホーム博多、東福岡、久留米、株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥です。

家造りは、沢山の神様に守られて造られていきます。地鎮祭時に棟札を神主様から頂きます。

IMG_1028

下記の写真が棟札です。家の神様が記載されています。

IMG_1613

棟札には、家の神様の、屋船久久遅命(やふね くくの ちの みこと様)、屋船豊宇気姫命(やふねと ようけ ひめの みこと様)、手置帆負命(たおき ほおいの みこと様)、彦狭知命(ひこさ しりの みこと様)が記載されています。

IMG_1340

IMG_1724

上棟式が終わると、建物の棟木に棟札が東または、南に向くように棟梁が取付を行います。

この建物が存在している間は、家の神様が家を守って頂きます。一度据えると、天井点検口から入らないと見ることが出来ません。私の家にも設置されていますが、建物完成してからは1度も見ていません。ただ、家族全員が幸せに過ごしていますので、神様が見守って頂いているのですね。

 

 

3/24土曜日雑貨トラベルマーケット開催!!

こんにちは。セルコホーム博多、東福岡、久留米、株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥です。

3/24土曜日10時から16時まで、弊社本社が雑貨屋さんになります。

雑貨屋さんが28店集結致します。今回で6回目の開催です。毎回約400人のご来場があり、大変にぎわいます。

555

是非、1日だけの『雑貨めぐりの旅』へご来場下さい。

開催場所は、福岡市南区横手南町2-18です。ご来場お待ちしております。

666

オモト(万年青)

こんにちは。セルコホーム博多、東福岡、久留米、株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

IMG_0999

建物が完成して、家財を入れる前にオモト(万年青)を一番最初に入れる風習があります。(上記の写真がオモトです。)

古くは徳川家康公が、慶弔十一年、江戸に移られるのに先だって、その居城の新築を祝して、三河の国長沢村の長嶋長兵衛という故事に倣って、三種のオモトを「天福の霊草」として献上されました。家康公はこれをたいそう喜ばれて、千代田城に真っ先に持ち込まれ、床の間に飾り入城したと伝えられています。

asfgafg

その後、家康家が安泰であったことから、陰陽道で建築、転居に「吉」であるといわれる「天福日」に「天福の霊草」として万年青が用いられる風習が、大名、旗本など武家をはじめ全国の町民の間まで広がり、現在もその名残りをとどめています。広がり、現在もその名残りをとどめています。(インターネット記事参照)

他のお客様で、オモトではなく、引っ越し前に一番にお布団を入れると言われた事がありますが、どちらにしても、家内安全で、末永くご家族皆様が安心してお住まい頂ける為の風習ですので、この風習は末永く続いてもらいたいと思います。