設計部ブログ- カテゴリ モデルハウス、見学会、イベントの話

仕上げ工事

火曜日担当ミヤケです。

ウインターアゲイン。

今年も冬将軍がそろそろやってくる今日この頃です。

 

 

 

さて、

今回は久留米市の現場が仕上げ工程に入ったので、

その報告をアップします。

KIMG5437

外壁の擬石貼り。

こちら、自分の設計ならば絶対に使いたいと思っていた擬石なんです。

最高に凹凸が素敵です。

KIMG5425

 

階段の踏み板と白い木手摺のコントラストが、

輸入住宅だからこそできる美しさを演出しています。

KIMG5423

熟練の大工(輸入住宅にとても詳しい職人)による造作工事。

細部までこだわるクオリテティーに脱帽です。

KIMG5433

華麗な花柄クロスを華麗に貼る職人。

クロスの継ぎ目は花柄ですよ。想像するだけ震えてしまう程の高度な技術。

まさに職人業です。

冬将軍とは違う身震いを感じます。

 

 

 

輸入住宅は職人業の集結で、誰もができる住宅ではございません。

また、当社も妥協ができません。

 

 

工期という制限の中、最高の輸入住宅に仕上げる為、

現場監督を筆頭に仕上げさせていただいています。

完成まであと少し!

よろしくお願いします。

 

 

 

 

追記

先日受けた健康診断で体重が去年から9キロ増えたショックは大きく、

腹筋を鍛えようとしている今日この頃。

KIMG5382

我が家の将軍が邪魔をしてきます。

KIMG5383

目指せウエスト マイナス140mm!

2×6!

 

 

ちなみに2×6構造の壁断熱材は140mm厚さ。

床には230mm厚さの断熱材。

屋根天井にも230mm厚さの断熱材を使用しています。

この高断熱を是非、この時期に体感下さい。

 

 

 

 

フォレストヴィラホームについて

設計部ミヤケです。

今回はフォレストヴィラホームについてアップします。

honsha_ph

 

 

フォレストヴィラホームは輸入住宅を専門としており、

他にはできないデザイン。

豊富な経験。

住宅先進国、カナダの性能を皆様に提供している会社です。

DSC_2765

 

 

また、社員一人一人が輸入住宅にプライドを持ち、

社内の風通しも良い会社です。

IMG_0166

 

 

当社は住宅やリフォームのみではなく、

九州では初となった木造(2×4工法)の有料老人ホーム・デイサービス等の福祉施設、

保育園、事務所、店舗、水産加工工場、アパート建築、定期借地権での新しい住宅購入のご提案など、

常にチャレンジをして、輝かしい実績を積み重ね、躍進している会社です。2011122620555245406-900x600

P9270094-2-1067x800

 

更にパートナーとして加盟しているセルコホームでは、

当社を知らない会社が居ないぐらい有名です。

IMG_0673

来年度もフォレストヴィラホームをよろしくお願いします。

 

file111

 

 

 

追記

フォレストヴィラホームでは沢山の経験をしています。

設計として、人間としてまだまだですが、

この経験を活かして、これからも輝けるようにします。

f6ac0a8617ba666c8979f97da5e9518a

ヘム板貼り内装の感動

火曜日担当ミヤケです。

晩秋の夕暮れは、心をまどわせます。

 

 

さて、今回は

「もしも自分が家を建てるなら絶対にしたい!」

内装についてアップします。

 

KIMG5252

言葉は多く必要ないと思います。

 

 

 

こちらの作品、壁と天井にヘム板を採用しました。

輸入住宅は輸入住宅だからできる壁紙選定も楽しみの一つですが、

この、カナダの森に居るような安心感は、ヘム板のみ許された独占空間ではないでしょうか。

材料費や大工手間の費用は掛かりますが、金額以上に満足度は高いと思います。

職人業に惚れ惚れします。

 

 

この心地よい空間は体感しないと分かりません。

当社の作品は断熱性能、気密性能がトップクラス。

床暖房を初めからご提案していない家です。

 

憧れの住宅は賃貸とは違います。

長いスパンを考えて是非、輸入住宅もご検討下さいね。

住宅先進国であるカナダの性能を一度体感下さい。

 

 

追記

福岡市南区野多目中央公園横のフォレストパーク大橋南も残りわずかとなりました。

まだ、ご見学に行けていない方、必見です。

これから寒くなる季節。

セルコホームの性能をじっくりと体感できる時期の到来です!

 

社内検査

火曜日担当ミヤケです。

KIMG5099 (1)

先日、久留米営業所の駐車場でナイトラインの美しい夕暮れに黄昏ました。

何かを得る為に何かと別れなければならない。

体は一つなのですから、わがまま言ってられません。

なんというかポエマーになりやすい秋の到来です。

 

 

さて、本日は建物完成での社内検査についてアップします。

1a24e4ca-bebe-4cac-b9ae-72d93ffe6a55

当社では、建物お引渡し前に社内で検査を実施しております。

これは他の住宅会社でも実施している事だと思いますが、

当社は職人も立ち会いをして細部までチェックを行います。

 

 

一個人の意見として当社は正直な会社だと思います。

そこには輸入住宅を取扱うプライドがあるからでしょう。

それは何かを得る為にも絶対に別れられない事です。

 

 

 

追記

以前、座禅後に

「咲いた花見て喜ぶならば咲かせた根元の恩を知れ」

という言葉をいただきました。

この言葉を忘れず、変化を良い方向に向けられるようにします。