博多店・東福岡店ブログ- カテゴリ 建物の話

テレビを見るのもいろいろですね。

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

さあ、明日から10月です。先日お正月だった様な気がしますが、もう10月です。月日が経過するのは早いですね。

q

さて、ひと昔前までは、テレビを見るには屋根の上にテレビアンテナを設置して、ケーブルをつなげるのがほとんどでした。

ですので、ほとんどすべての家の屋根には、アンテナが立っていて、輸入住宅の屋根の上にアンテナが、サザエさんのお父さんの波平さんの髪の毛ように、1本だけ立っていました。

fpfpfp

日本でいくらお洒落な輸入住宅を建築しても、波平さんがあるために、日本の輸入住宅の写真を見ると一目で、日本で建築した家とわかりました。

でも、現在テレビを視聴するのには色々選択できるようになり、テレビを見るには、1・従来通りの波平さんアンテナを設置、2・ボックス型の壁付き地デジアンテナを設置、3・ケーブルテレビでの視聴、4・光ケーブルでインターネット上でテレビを視聴などなど、いろんな選択肢があります。

w

セルコホームで建築される方のほとんどは、ボックス型の地デジアンテナを採用されていますが、屋根の上の電波の届きやすい所ではなく、壁に設置しますので、電波受信状態が悪く採用できない場合があるみたいです。

e

今は、光ケーブルのインターネットも、ケーブルテレビも充実していますね。アンテナと比べれば毎月のお金がかかりますが、オンデマンド映像などを採用すると、常に映画が5000タイトルほどいつでも好きな時間に見れたりして、レンタルビデオ屋さんに行かなくてすみますし、返す心配もありません。

t

私は30年ほど前からパソコンを使用していますが、電子機器の進歩はすごいですね。30年前初めて購入したパソコンは、PCー9801と言うパソコンで、その当時インターネットなどは無く、パソコン間でやり取りをするのはパソコン通信と言って、文字だけのやり取りだけでした。1行の文字をやり取りするのに、通信状態が悪い場合、数秒かかったりすることがありました。(30年間での技術の進歩すごいです。)

y

その当時に流行した歌で、”爆風スランプ”の”大きな玉ねぎの下で”と言う歌の歌詞に、”ペンフレンドの二人の恋は、言葉だけがたのみの綱だね”とありますが、今時ペンフレンドなんてわからないと思いますし、歌詞の中ではペンフレンドと会えなかったのですが、いまの若い子からすると、会えないなら、なんで携帯でLINEしなかったの?となるかもしれません。

u

テレビの視聴ひとつとっても、技術革新がすごいですね。今後はどんな感じになるのでしょうか?家の部屋の壁4面と天井、床が液晶パネルになっていて、360度すべてが映像になったり、今も現実になっていますが、ゴーグルの様なものを取り付けて、バーチャルリアリティが当たり前の様になるのでしょうね。

i

未来は楽しみですが、少し怖い気もします。

 

 

建築美の追求

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

IMG_5368

猛暑が終わり、少しずづ秋が近づいている気がする、この頃です。先日福岡に台風が直撃か!!と思いましたら、福岡にやってくる頃には弱くなっていて、ほっとしました。

ただし、まだまだ台風は安心はできそうもありませんね。

IMG_5371

自宅の百日紅がきれいな花を咲かせていました。飛行機雲とセットで綺麗でしたので写真に収めました。

さて、タイトルの建築美の追求ですが、輸入住宅は建築美にこだわります。

せっかく建築されるのであれば、家も美しいほうがいいと思います。弊社セルコホーム博多店では、外観にこだわってプランニングしています。

22-900x600

こちらのセルコホーム博多で建築させて頂きました、福岡市南区のお客様のお住まいは、外観バランスがとても素敵です。塗り壁の外壁にアクセントで塔屋に石を貼っています。

77-900x600

こちらの佐賀で建築致しましたお客様の建物は、株式会社フォレストヴィラホームバードポーチと、ドーマー窓と煙突のバランスが絶妙です。美しい建物とはこの事ですね。

88-900x600

こちらの大野城市で建築して頂きましたお住まいは、部分レンガとサイディング、再度の塔屋を配置した素敵なお住まいです。

輸入住宅のプランニングは誰にでもできない作品です。いかにして美しくなるかを考えて、セルコホーム博多の設計士が考えながらプランニングします。

ここまで来たら特殊技能ですね。

輸入住宅でも和室の話

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

we

皆様、オリンピック終わりましたね。感動しました。カナダ輸入住宅を販売している関係上、日本の次にカナダを応援しました。これで多少、寝不足気味の日々が改善されそうですね。

オリンピックを通じて、いろいろな国を見て、日本はいい国なんだと改めて思いました。

45t

日本を代表するものは色々ありますが、私が携わっている住宅を見ると、和室が日本を代表するものです。セルコホームのカナダ輸入住宅で建築されるお客様の50%は和室を採用されます。

でも、和室の部材は沢山あって、弊社の若手営業マンでも名前が分からない部材もありますので、今回のブログは和室にスポットを当てたいと思います。

 

y (1)

聞きなれない部材が沢山表記されていますね。鴨居、敷居、畳寄せ、長押、落とし掛けなどなど。お住まいになられるお客様は、部材の名称を覚えることは必要ないのですが、我々プロは知っておいておかなければなりません。

 

y (1)

色々な名前があります。

y (2)

欄間や、書院沢山ありますね。

すべての部材に存在する意味がありますが、日本の建築もなかなか味わいのあるものですね。

以前、セルコホームでカナダ輸入住宅を建築して頂いたお客様から、外観はどこから見ても輸入住宅、ただし、一つの部屋だけ、8帖の和室にして、正座すると、和風住宅に思える和室を造って下さいと依頼がありました。

広縁、雪見障子、書院、床の間、仏間、押し入れ、欄間、長押をご提案し、立派な和室を造らせて頂きました。輸入住宅でも和室は造れます。

現在オープン中の春日原モデルハウスにも和室があります。外観は塗り壁の輸入住宅です。是非、ご来場下さい。

 

 

書斎は夫婦円満のアイテムです。

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

9658

連日連日の気温35度越え。溶けてしまいそうです。先日春日原モデルハウス周辺で気温37度以上を記録しました。体温より高い気温の炎天下の中歩くと、気を失いそうになりますね。皆様もお身体お気を付け下さい。

syosa (5)

さて、セルコホーム博多で建築を検討されているお客様。特にご主人様、新しいお住まいに書斎はいかがでしょうか?私は新築を検討されているご主人様には書斎をおすすめしています。

SONY DSC

『書斎』良い響きですね。男の城です。家族の誰からも邪魔をされない自分の空間を手に入れる。仕事に疲れて帰宅してほっとする場所。一人になれる場所、大切だと思います。

SONY DSC

毎日大変な仕事をしているご主人様には、癒しの空間は必要だと思います。私はセルコホームを建築して11年目ですが、1.5帖と、狭いスペースではありますが快適な書斎を設置しました。この頃、書斎のおかげで、夫婦円満に効果があると私は気づきました。

syosa (19)

書斎が夫婦円満にどのように影響があるかといいますと、夫婦で色々あった時、それ以上事が大きくなる前に、私は書斎に入ることにしています。時間が経過すると何とか色々な事が回避されます。後で出てくれば、時間が経過しているので、丸く収まることが出来ます。(たまに丸く収まらない時がありますので、その時は、再度あわてず書斎に避難をします。)

この様に、書斎のおかげで夫婦円満が保たれると私は思います。(大袈裟かもしれませんが・・・)

ご主人様、書斎は癒しの空間、そして、夫婦円満のアイテムです。おすすめ致します。