博多店ブログ- カテゴリ 建物の話

塔屋の家

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム

浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

塔屋

塔屋のある家はいいですね。

現在東区に建築中です。

IMG_9586

養生ネットで見えませんが、右側に塔屋があります。

IMG_9534

塔屋を家側から見た写真ですが、6角形の塔屋です。窓が入る前は殺風景ですね。

IMG_9585

グレーのシートは遮熱型透湿防水シートです。いわゆる通気工法で、セルコホームは壁体内結露防止構造ですので、壁の中に結露が発生しない工法を採用しています。

IMG_9592

これは待機しています、オーストラリアレンガの下地のレンガレールです。一旦、家全体がこのレンガレールに覆われますので、未来の家みたいに銀色の家になります。

レンガ貼りの家は素敵ですね。完成が楽しみです。

現場は大工さんが頑張っています。

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

9月ですね。春、夏、秋、冬、皆様どの季節がお好きですか?

私は若い頃は夏が大好きでしたが、あまり海に行くことも無くなり、暑さ寒さが身に染みるこの頃ですので、過ごしやすい秋が私は好きになりました。年を取ったのが原因ですね。とは言っても9月末まで30度を超える気温が続きますので、秋とは言えないかもしれません。

さて、建築現場に行くと、完成してからでは見ることのできない部分が見れます。

P1030842

これは、セルコホームのオーストラリアレンガの工事写真です。亜鉛メッキのレンガレールにひっかけて施工します。

P1030849

レンガをカットするのも技術が必要です。

P1030891

この部材は何でしょう?

P1030901

大工さんが組み立てます。

P1030911

角度を決めて、組み立てます。

P1030902

これは、ジンジャーブレッドです。

dsggs

この部分、妻飾りの一種で、とてもお洒落になります。

色々な部材があって、家が完成していくのですね。

豪雨

こんにちは。セルコホーム博多・久留米(福岡県)株式会社フォレストヴィラホーム浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

一昨日の豪雨すごかったですね。私の家内の実家は朝倉市で、このブログを書いている木曜日現在で、停電が続いています。かろうじてガスが使えるそうなので、コメと水がありますので、ごはんを自宅で炊いて、夜は懐中電灯で過ごしています。

携帯電話の電池がなくなると、家内と電話がつながらなくなるので、早く助けに行きたいのですが、道路が寸断されていますので、なかなか難しそうです。

近くで被災された家が沢山あり、亡くなられた人もいます。ご冥福をお祈りいたします。

災害は怖いですね。

IMG_8966

IMG_8965

私も急な災害に備えていませんので、少しは考えた方がいいのではと思う今日この頃です。

台風も大きいのが今年は来そうです。セルコホームの家は風速80mまで屋根が飛ばない、ハリケーンタイという金物を取り付けていますので安心です。

でもさすがに竜巻はどうしようもありません。日本も将来的にアメリカで発生するような大きな竜巻が発生するようになるのでしょうか?地球温暖化の波がすぐそこまで来ています。

a

そういえば、今日は七夕でした。雨雲が無く綺麗な星空が見れるような空になってもらいたいものです。

 

 

 

プラスワンの空間

こんにちは。セルコホーム博多、久留米、佐賀、株式会社フォレストヴィラホーム、浦部卓弥です。いつもお世話になっております。

fsgdsh

6月ですね。早いですね。アッという間に半年が経過しようとしています。もう少ししたら梅雨に入ります。いやな時期ですが、アジサイの花が咲く時期ですので、アジサイの花を見て梅雨を乗り切ろうと思います。

さて、今日のお題はプラスワンの空間。梅雨の時期に雨で外に出られないときは、家の中で過ごすと思います。そこでプラスワンの空間のご提案です。

リビングがあるのは当たり前ですが、もう一つの空間。セカンドリビングや、フレックスルーム、ファミリールーム、書斎、スタディルームがあれば、そこで、ゆっくりの時間を過ごすことができます。

a (5)

リビング吹き抜けに隣接した、フレックスルーム。こんな空間であれば、クラシックが似合いそうですね。

SONY DSC

セカンドリビングは自分だけの時間を大切にできます。

a (2)

誰にも邪魔されない自分だけの時間。書斎も自分だけの時間が過ごせますが、開放的な空間も素敵ですね。

SONY DSC

ファミリールームもお子様が遊べる空間。プラスワンの空間は、遊び心の空間です。

SONY DSC

スタディコーナーまたは、書斎コーナー、読書コーナー。いろいろな用途に利用できるプラスワンの空間も魅力的です。

2帖から3帖の空間を少し取り入れるだけで、家が楽しくなります。おすすめの空間採用されませんか?